2018年10月13日土曜日

夏休みに宮島に行ってきた話。

もう先週のことですが、広島に遊びに行ってきました。
なぜ広島??と職場の人にも聞かれましたが、特に理由はないんですね。
奥さんが妊娠してるし、飛行機は使えないから、電車を使って、それで行ったことのないところに行こうってことで、行くに至りました。

ただ、広島に向かう日は朝からどんよりな天気で、着いた時には雨もパラパラ降ってきていました。
ちょうど台風が来ているタイミングだったんですよね。わざわざこちらから台風のいる方へ突撃していっている構図なわけです。
前日はディズニーランドホテルに宿泊し、朝から広島に向かい、着いたのは14時頃くらいだったでしょうか。

まずホテルに向かいチェックインして、宮島を目指すことになりました。
台風近づいてきていたし、船大丈夫か…と心配になりましたが、どうも動いていそうで安心しました。
ホテルの近くまで高速船が来てくれるため、乗り場まではすぐでした。


写真を見てもわかるどんより具合…幸い、波はそこまで高くなかったので、そんなに揺れませんでしたね。

宮島についてからは、厳島神社を目指して歩きました。
宮島のフェリー乗り場から歩いて10分位で着く距離のようです。
観光地化している様子が見られ、お土産屋さんが並んでいたり、宿があったり、お食事どころもありました。
ただ、もう3時位だったせいか、食べるところはだいたい閉まっていましたね。朝~昼が一番いい時間帯のようです。





鹿いますが、奈良ではありません。

歩いている途中から大鳥居が見えるのですが、近づいてくるとテンション上がりますね。到着すると、写真などで見るよりも意外と迫力があって、圧倒されます。一体昔の人はこれをどうやって建築したんでしょうね…だって海の上ですよ?
といっても、干潮の時には近くまで行けるようです。僕が行ったときは、大鳥居の近くに行くためには泳ぐ必要がありそうな水位でしたが。


これ、本当に写真だと分かりづらいんですけど、実際に行くとその大きさを感じられます。




本当に水の上にあるんですね。当たり前だけど。
やっぱり晴れた青空の時に行きたかったなぁという気持ちもありつつ、それでもこの景色を見られて満足でした。
平日ということもあって、人もそんなに多くなかったのも良かったですね。

それと、海外でも日本の名所として紹介されているのか、海外からの旅行者がすごく多いです。アジア系だけでなく、ヨーロッパからの人もいました。

宮島観光中は雨に降られることもなく、本州(という呼び方でよいのか?)に帰ることができました。
着いたのが遅かったのと、天気が悪くて早く退散したので、次はもっと余裕があって晴れているときにも行ってみたいなぁと思いました。

2018年10月10日水曜日

医薬品のコードについて独断と偏見でまとめた話。

薬関係の話、結構書くの苦手なんですよねー。

…というわけで、今回はマニアックなコードの話をまとめてみました笑


医薬品を扱う仕事をしていると、いろいろな「半角英数字の羅列」を見ますよね。

これ、購入等の仕事をしていないと何が何やら…ですが、実は意味があったりします。

そして、うまく扱うと、医薬品の動きなどを見やすく整理することができるんですよね。

コードとは、その医薬品であることを認識するための半角英数字の羅列です。
パソコンで情報を処理する際、実はひらがな、カタカナ、漢字などの全角の言葉はパソコンにとって相性が悪いのです。パソコンは「あ」と「ア」と「ア」と「亜」をすべて別のものとして認識するんですよね。
例えば、「モサプリドクエン酸塩」、「モサプリドクエン酸塩」、「モサプリドクエン酸塩」はすべて別のものとして認識されます。

そして、この半角か全角かというのは、人間も入力の時に間違えますよね笑

そのため、医薬品に限らず、パソコン上で処理するときにはすべて半角英数字の羅列で当てはめて処理するのです。この識別番号をコードと呼びます。
ちなみに、数字の羅列を棒(バー)の並びと太さで表現したものを、「バーコード」といいますね。

そして電子カルテなどでは、医薬品それぞれにいろいろな情報を含んでいます。
名前、規格、剤形に始まり、様々なコードの情報も含んでいて、効率よく情報を扱えるように工夫されているわけですね。
こうした、パソコンであるソフトと取り扱うとき、それぞれの医薬品の登録されている情報を「医薬品マスタ」と呼んだりもします。

1)YJコード(厚労省コード)

ここから本題です。
詳しい情報については、参考にしたサイトを載せておきますので、そちらで…笑
ここではざっくりと。。
医薬品が製造販売の承認を得ると、国が「じゃあその薬にはこのコード」と当てはめます。これがYJコードです。
厚労省コードというのもほとんど同じです。若干違うこともありますが。
じゃあこのコードは何がわかるのかというと、

・薬効分類
・投与経路
・剤形

の情報を含んでいます。
例えば、サイトにも載っている、ロキソニン錠60mgのコードですが、

1149019F1560

となっています。
この中の「1149」は同じ薬効の薬であればすべて同じ数字となっています。イブプロフェンとか。
「019」の部分は、001~399までは内服薬ですので、内服薬なんだなぁということがわかります。
そして内服薬であれば「F」は錠剤を表します。
また、同じ成分と剤形であればアルファベットまでは共通するので、日本で取り扱いのある医療用医薬品の「ロキソプロフェンの錠剤」はすべてコードが「1149019F」で始まります。
つまり、パソコン内に入っているロキソプロフェンを抽出するときは、「ロキソニン」「ロキソニン」「ロキソプロフェン」「ロキソプロフェン」の4種類を検索するよりは、もしYJコードの情報を持っているなら、1149019Fで検索したほうが効率が良くなるわけですね。
経過措置や販売中止の医薬品を探す際、紙に印刷された一覧表の医薬品名称を目で探すよりは、YJコードで検索をかけたほうが確実になるわけですね。

2)JANコード(GS1コード)

JANコードはどの事業所のどの商品かを表す、世界共通の標品識別番号です。
世界共通の番号ですが、JANは日本での呼び方のようです。
商品すべてにつけられている番号なので、コンビニ等でアルバイトしたときにも馴染みのあるコードだったりします。そう、レジでピッと読み取るあれですね。
当然医薬品も流通する商品として、JANコードが割り当てられています。
このコードから分かる情報は、

・医薬品であること。
・メーカーの情報。
・包装単位が違えばコードは異なる。

となります。意外と少ない…?
まず、医薬品であれば共通で「4987」から始まります。そしてメーカーが同じであれば、そのあとに続く3桁も同じ数字となります。
ただあとの数字ついては販売されている包装それぞれでことなるため、「違うものだよ」と区別することのみ、できます。
例えば、「ロキソニン錠60mg PTP包装 100錠入り」と「ロキソニン錠60mg バラ包装 500錠入り」は違うコードになるわけです。
先のYJコードと違うのは、同じ商品名でも、包装が違えば違うコードになるということですね。
同じ薬局に、自動分包機用と調剤棚用とで分けて購入・管理するときにはJANコードを用いるわけです。

最近の医薬品業界では、JANコードではなくGS1コードを用いることが主流になってきており、JANコードはそもそも箱に印字されていないケースが多いです。
GS1コードは、2次元コードとしても用いることが可能で、JANコードと同じように「何錠包装か」だけではなく、LOT番号や使用期限の情報まで含むことができます。また、「販売包装単位」と「調剤包装単位」とで別のコードを持っていて、端的にいうと、「1箱」と「1錠」とで別のコードになっています。さすがに1錠ずつ印字はできない事が多いですが、注射薬のアンプルやバイアルには印字されているので、アンプルピッカー(自動でアンプルを取り集めてくれる機械)に充填するときには、1アンプルずつバーコードを読み込ませることもできます。
実際のところ、まだまだ医療機関側ではその情報まで用いるためのバーコードリーダーなどの設備が整っていないケースも多いですけどね。

3)HOTコード

このように、医薬品に関連するコードはいくつか種類があり、「すべての情報をうまく集約できないか」と考えられたのが、HOTコードというものになります。
HOTコードは、医療情報システム開発センターの医薬品コード検討委員会において検討が行われました。
HOTコードは全部で13桁の数字のみでできたコードとなっています。特徴としては、

・上7桁(HOT-7)は医薬品の成分の情報を持つ。
・上9桁(HOT-9)で販売会社の情報も持つ。ほぼYJコードと同等。
・上11桁(HOT-11)で販売されている最小単位の情報を持つ。ほぼGS1の調剤包装単位と同じ。
・13桁で、ほぼJANコードと同等。

といった特徴があり、読み取る桁数に応じてほしい情報の「深さ」が変わるという特徴を持っています。
ただし、他のコードと比べると比較的新しいコードでもあるため、従来のYJコードやJANコードを運用している施設ではシステムのアップデートの膨大さのためあまり運用されていないことも多いかもしれません。
うまく利用すれば、様々な情報の結びつけが楽にできるかもしれません。


他にもレセプト電算コードという、診療報酬・調剤報酬の請求のためのコードも存在します。これはちょっと自分も取り扱った経験がないため、どのような有用性があるかは述べずにおこうと思います。


「情報を制するものは医薬品を制する」ではないですが、こうしたシステム上の情報の取扱について理解が深まると、施設内での医薬品の流れをうまくコントロールできたり、ビッグデータの処理の際に医薬品情報をうまく結合させたり抽出させたりできるかもしれませんね。


いろいろな医薬品コード|情報で医療をささえる データインデックス株式会社

データインデックスは、電子カルテ、薬剤情報システム、ISPなどに様々な形で医薬品データベースを提供しております。


YJコードとは|医薬品情報なら医薬情報研究所

医薬情報研究所の医薬品検索は医薬品情報のYJコード検索が可能です。YJコードとは薬価基準収載医薬品コードの意で、薬価基準収載品目すべてに対して医薬情報研究所がコードの管理を行っています。


MEDIS 標準マスター総合サイト

カテゴリ 病名マスターに関する用語 手術・処置マスターに関する用語 臨床検査マスターに関する用語 医薬品HOTコードマスターに関する用語 医療機器データベースに関する用語 看護実践用語標準マスターに関する用語 画像検査マスターに関する用語 レセプト電算処理用システムコード



GS1事業者コード・JANコードとは | 一般財団法人流通システム開発センター

一般財団法人 流通システム開発センター The Distribution Systems Research Institute

2018年10月3日水曜日

妊婦さんを持つ夫がいろいろ苦戦した話。その2。

今は10週を突破したあたりですかね。

ちょっと前の検査ではエコーでもちゃんと成長してるのが見えていたみたいで、そこそこ安心しました。

ここからは流産のリスクが下がっていくみたいですね。


食の好みは相変わらず変わりますね。。

先週食べたかったものが、今週はそんなに食べたくないみたいな。

これまでは「夏は麦茶飲みたくなるもんでしょ!」と力説していた奥さんですが、今週は「麦茶うまくない…」とテンション落ちてました。

冷たくて水っぽいものを食べたがる傾向は変わらないみたいですね。ガリガリ君とか、冷奴とか、そうめん、ゼリーあたりは食べやすそうです。

料理の匂いで気持ち悪くなるみたいで、料理中は部屋を逃げ出していますね。

あと、体調の悪さも週替りな感じです。

ゲップが出まくって止まらなかったり(もともと逆流性食道炎気味。)、これまで出ていない症状も出ているようです。


精神面はややイライラしやすいのかなぁ、あんま変わらないかなぁくらいです。

怒りの沸点はやや低めな感じですね。

こういうとき、「はぁ!?ふざけんなコッチにも言い分が!」と一緒に怒ると収拾がつかなくなりそうな雰囲気がありますね。。

冷静さを保っていると、一瞬怒ってもすぐに鎮火してます。

あと、後になってチクチク責めないほうがいいですね。。いや、これは自分の悪いところだからアレなんですが笑


生活も、奥さんはベッドで休みがちで自分はリビングで生活しているので、なんかお互いに自分の時間を生きているみたいです。

喧嘩してるとか喋りたくないとかじゃなくて。

うーん、もしワンルームだったとすると、なかなか生活大変な気がしますね…。

2018年9月26日水曜日

世界薬剤師デーみたいです。

今日9月25日は世界薬剤師デーみたいですね。

World Pharmacists Day - FIP - International Pharmaceutical Federation

World Pharmacists Day

上記リンクは英語ですが。

そして世界薬剤師デーということで、ツイッター上では、薬剤師ブロガーの皆様が「#立てよ薬剤師」のハッシュタグで大いに盛り上がっています。

おれ自身は、他の薬剤師の有名な先生方のように、大した能力もなければ情報発信力もなく、面白くわかりやすい文章を書くこともできず、

また怠惰な生活故に情報を発信し続けることも得意ではない、まぁどこにでもいるような、しがない薬剤師なわけですが。

このブログの内容も、どこかに行ったーとか美味いもの食ったーばかりですし。


そんな自分が、今回多くの薬剤師の先生方がハッシュタグで盛り上がっているし、

なんか自分が考える「薬剤師の連携」について、まとめてみようかなと思います。

そんな、ものすごいことを書き残す気はないです。


自分は病院薬剤師として働いているわけですが、仕事上、他の病院の薬剤師さんや薬局の薬剤師さんともやりとりをすることがあります。

いや、今の時代、そんなん当たり前やろというツッコミが入りそうですが!

そこでまず思うのが、「気軽に相談とかできる関係を作りたい」ですね。

仕事上のやり取りするときって、どうしてもメールとかFAXとか電話じゃないですか。

でも結構、「ああ、忙しいかな…」とか、「こんな簡単なことでメールしたら怒られるかな…」とか、考えてしまってなかなか連絡取れないんですよね。

特に自分みたいな下っ端初心者無知薬剤師なんかだと、周りはすげー先生方ばかりなので恐縮してしまってなかなか話せない(ただの人見知り)。

病院薬局主催で勉強会+飲み会開いたりしてお互いに顔見知りになったりするんですけど、それが終わった後の第一歩って難しいなぁと思うんです。

その点、こうしてツイッター上でいろいろな先生の話を聞きやすく、時にはリプライで話しかけやすいって、良いなぁと思いますね。

こうして今回みたいにみんなで息を合わせて盛り上がることもできますし!

そんな感じで、もっと気軽に疑問をツイートして、気軽にわかる薬剤師が返答するような(もちろん、個人情報の取り扱いには注意)、

そんな世界ができたらなー…でも世界作るのはいきなりは難しいから、そんな話しかけやすいオーラがある薬剤師になれたらなーというのを、常に心に持っています。


それと、薬剤師同士が貶し合わない、お互いを尊重し合える関係を作れたらもっと大きなことができるのにな、と思うわけです。

病院薬剤師と薬局薬剤師の、「きのこの山派か、たけのこの里派か」くらいの戦いはしばしば見ますし、

ツイッター上でも頑張っている薬剤師の先生を妬むためか、誹謗中傷をする人もいたりとか。

そんなことをやっている時間ってもったいないと思うわけです。

世間では「薬剤師、いらなくね?なんで病院で言ったことを、また薬局で言わなきゃいけないん?」などの声も聞こえているし、

薬剤師の働き方や存在意義を見直す時期が来ていると思うんですよね。

学会とか書籍を読んでも、「ものすごいキレイな軟膏の詰め方」とか「ものすごい速い錠剤の取り揃え方」とか誰も発表していないし、

おそらく調剤室内で黙々と薬を準備するのは、いつかなくなっていくんじゃないのかなと思うんです。

法律上明記されているので、もちろん今は薬剤師の仕事と言われていますけども。

薬剤師の能力って、もっと患者さんのためになるようなものばかりなんですよね。

そういった、めまぐるしく変わっていく時なので、

相手を批判したり潰し合ったり給料高すぎるとか文句言うのではなく、

相手を理解し、認め、支え合い、励まし合い、協力し、育て合い、患者さんのためになるような、

そんなことをもっと考えて実行した方がみんな幸せになれると思うんです。

悪口なんて見てもいい気分しないし、悪口が減るだけでハッピーになれるかもしれませんけども。

このハッシュタグに参加している人って、少なくとも何もしない何もできない薬剤師ではないと思いますから。


そんなことを考えていました。

みんな、仲間。

2018年9月24日月曜日

懐かしい友と数年ぶりに会った話。

世間は3連休ですね。
自分はというと、土曜日と月曜日はフツーに仕事なので、全然連休感がありません!
あ、でも通勤電車が空いていたりするから、「今日は休みかー」というキモチにはなりますね。
 
さて、先日、ツイッターのフォロワーさんのまりそと飲みに行ってきました。
事の発端は、みっくがみっく妻と些細なことで喧嘩をし、
「あーーなんか週末予定作ってしまいたいわー」と思いまして。
それで、そういえばめっちゃ久々に話してみたいなと思い、誘った次第です。
本当、唐突なお誘いでした。
 
まりそと会うのは、どうやら7年ぶりみたいです。
そんな前だったのかおれも覚えてないんですが…
 
……
 
 
まだauブログというのが存在していた時代から、ボーイさん(当時はUタさん)、ルキアさん、うづきさんたちと音ゲーマーどうして交流があり、
それからツイッターに移住したかしてないかくらいのときだったと思うんですけど、まりそとも交流が始まったわけです。
それで、東京でみんなで集まろうぜ!という話になり、一堂に会したことがありました。
それから少しして、まだ学生時代の頃に神戸に出張に行った時に一度まりそと音ゲーし(ただ、おれは忘れててまりそから聞いて思い出した)、
その後は自分がツイッターアカウント消したのもあるんですけど、一切交流がなくなったんですよね。
 
そしてみっくが社会人にジョブチェンジ(むしろジョブスタートだけど)し、ツイッターに復帰して、
最近になってまりそとツイッター上で再会、そして現実世界でも再会を果たす流れになったわけです。
 
……
 
仕事を終えて予想以上の残業があり、予定より一時間くらい遅れて新宿駅に到着しました。
得意のドジっ子迷子スキルをそこまで発揮せず、集合場所のアルタ前に到着、すぐにまりそと遭遇できました。
いやー月日は流れたけれども、そんなに見た目変わってなかったですな。
関西弁もそのままで、7年の歳月が過ぎていたにもかかわらず、すぐに気さくに話してくれました。流石、関西人!
飲み屋に移動し、お酒を飲みながらお互いの近況や起きた出来事を話しました。
そもそも、関西のまりそが関東に来てるってだけで個人的には大事件なんですが、それ以外にも色々あったみたいです。いろいろ。
おれの方が終電があったので、11時くらいに解散となったけれど、時間が許せばもっといろいろ話してたろうなぁと思いましたね笑
その前に二人とも酔い潰れそうだったけども。
それほど、時間を忘れて話していました。すっごいくだらない話もしてたけどな!
話してて、「ああ、まりそとは波長が合うなー」とか勝手に思ってました。むしろ言ってました。
 
すごく楽しい時間だったし、元気そうで何よりでした。
また近況報告しようね。
次は時間通りに着きますんで。。

2018年9月17日月曜日

ツイッターのフォロワーさんとカレーうどんを食べに行った話。

この3連休は土曜日と月曜日は仕事で、日曜日だけ休みでした。

それで、ツイッターのフォロワーさんとカレーうどんを食べに行こうという話になってまして、行ってきました。


ウチから結構近いところにありましたねー。富貴堂さんです。

ここはいろいろなカレーうどんがあるんですけど、冷やしカレーうどんなるものもありました。



豚肉と水菜が入っていまして、ルーもあっさりして美味しかったです。

続けて食べていると結構辛くなって来る感じでしたね。

黒酢を入れても合いますね。和風な出汁が効いてるからでしょうか。


今回会ったフォロワーさんは、ずっとつながっていた人と連絡を取り合ったんですけど、

もうひとり飛び入りで来た方は、なんと数年前、自分がまだ音ゲーをすごくやっていた時代にフォローしていた人でした(!)

一回アカウントを消してからはフォローしていなかったんですけど、まさかこんなところで再会するとは!

といっても実際に会うのは初めてなんですが。

しかも前はかなーり遠くに住まれていた方だったんですが、今はかなーりご近所に住んでいることが発覚。

世間って狭いですね…。


それから駅に戻り、もうひとり参加する予定だったけれど寝坊により遅れてしまった方と挨拶し、自分と奥さんは解散。

楽しかったですねー。

友達が少ないので、たまにはこういうのも良いですね。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

2018年9月10日月曜日

妊婦さんを持つ夫がいろいろ苦戦した話。その1。

これはラベルをどの分類にしようか悩みました…。

結婚式と同じで、思い出話でいいかな。。


我が家もいよいよ奥さんが妊娠しまして。

今これを書いているときは9週あたりなんですけども。

まだ9週なんですけど、こんなに目まぐるしく体調って変わるもんなのかという、人間の不思議に驚かされています(?)。

一般的には、この時期は流産もする可能性のある不安定な時期で、

出血(切迫流産)したりとか、体調も崩しやすい時期なんだと思います。個人差はあるだろうけど。

「先週は腹が張ってると言ってたのに、今週は胃が痛いと言ってる」みたいな、そんなんです。

俗に言う「つわり」はそんなにひどくなさそうですけど、それでも食の好みは変わるし、吐き気を誘発しないよう、満腹にならないよう適度に食べなきゃいけないみたいです。


7週あたりで出血があったりして受診もしてましたね。あ、定期的な受診以外に、です。

そんな状況で「北海道のGLAYのライブに行く!」なんて意気込んでいましたが、流石に全力で止めました笑

飛行機も乗らないほうが良いからね…いや、流産の原因にならないにしても、体調崩したときすぐに対応できないよね。。

「家事も程々に、仕事も程々に、無理せず家では安静に」と言われたそうで、家事は夫側にほぼすべて回ってきてます。

まぁ、今までやっていたからね…自分の時間はなくなるけど、そこまで苦ではないですね。

というか、そんな大変な時期にテレビ見て夜更かししようとしている奥さんに「忘れずくすり飲め!栄養あるもの食え!はよ寝ろ!!」キレてるくらいです笑

自分は想像もできないんですけど、きっと体調の変化って本人もつらいはずなんですよね。今までに体験したことない変化なんだと思うんです。

だから、体調管理というか、お腹の子のためにも健康維持が仕事なんだと思うんですよ。家事なんてできる人がやればいいし。そんな考えですね。

スマホいじってなかなか寝ていなかったりしても「おいっ!」って言ってますw


あとは、夫も無理しないようにしなきゃなと思いました。

特に今までそんなに家事していないと、急に自分の生活スタイルが変わることになるので、精神的にも余裕がなくなったりすると思うんです。

「あーーつかれてるわー無理したら八つ当たりしそうだわー」って思ったら、疲れてるのに野菜炒めを作るのではなく大人しくココイチにでも行ったほうが良いんだと思います(奥さんの食の好みに合わせてね!)。

そういうのに出費するのは、致し方ないのかなーと。それで夫婦関係がうまくいくなら良いんじゃないですかね。

夏休みに宮島に行ってきた話。

もう先週のことですが、広島に遊びに行ってきました。 なぜ広島??と職場の人にも聞かれましたが、特に理由はないんですね。 奥さんが妊娠してるし、飛行機は使えないから、電車を使って、それで行ったことのないところに行こうってことで、行くに至りました。 ただ、広島に向かう日は朝か...